絵を描くのは好きだけど、仕事にするには?専門学校でしょ!

絵を描くのが好きである場合

絵を描くのが好きな場合にはイラストの専門学校へ通うというのも1つの方法ですが、就職に結び付く可能性は低いとされています。学校は教えるビジネスであり卒業しても就職口はないとも言われています。最近はインターネットの発達でWebコンテンツの作成やゲームクリエーター、あるいはCGクリエーターという分野は活発な動きを見せて来ており、マンガやアニメには国も相当力を入れて来ているようです。従って絵を描くことを活かすにはキャラクターデザイナーやアニメーター、VFXクリエーター、背景画などを描く分野は将来に亘っても需要が見込まれると見られています。学校へ通うことのメリットとしては過酷な作業環境に立ち向かうことができるよう100枚や1000枚単位で絵を描かせられることになるので、同時に体力を鍛えることが求められこれらの経験の必要性を感じたら意義があるかもしれません。

自分で腕を磨き適切な分野を見つけることが大切

各分野の仕事内容がどのようなものであり、仕事の現場を知っておくことが大切になり、その点書籍やサイトにおいては各分野を調べることもできますし、動画共有サイトではその作品ともいうべき動画を見ることができるようになって来ています。CGクリエーターでは現在の2次元のものから3次元の時代に変わって行く可能性もありそのソフトの種類や操作方法を知ったり、絵コンテがどのようなもので、動画編集ソフトの扱い方や効果の入れ方、音楽制作と並行して行う方法やかき出し方も知っておくことが必要になって来ると思われます。従って最初から1つの分野に専念するのも窮屈なものですが、ある程度、どのような分野で活動したら良いのかを見つけて目標を立てておくことも大切になって来ます。